産経ニュース

【緊迫・南シナ海】中国、フィリピンに裁定の棚上げ迫る 「“黒幕”の日米」に矛先も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【緊迫・南シナ海】
中国、フィリピンに裁定の棚上げ迫る 「“黒幕”の日米」に矛先も

12日、マニラ東部の街でプラカードをかざしてフィリピンの権利を尊重するよう求める市民ら(AP) 12日、マニラ東部の街でプラカードをかざしてフィリピンの権利を尊重するよう求める市民ら(AP)

 ただ実際に設定すれば、周辺国の警戒感はさらに高まり、中国の国際的な孤立が深まるのは必至だ。「中国はまだ南シナ海全域に識別圏を設定する監視能力はなく、米軍の対抗措置によってさらにメンツを失う可能性がある」(中国人研究者)との見方もある。

 こうした中で次なる強硬策として可能性が指摘されているのが、スプラトリー(中国名・南沙)諸島に領海の範囲を規定する際に基となる「領海基線」を設定することだ。中国政府は2012年9月、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を中国領として扱えるよう一方的に基線を設定している。

「ニュース」のランキング