産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


最新鋭迎撃ミサイルは韓国南部に配備決定か

 聯合ニュースは12日、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備先について、韓国南部の慶尚北道星山(ソンサン)にある韓国空軍の敷地に「事実上決定した」と、複数の政府消息筋の話として伝えた。早ければ来週にも米韓両政府が発表するとしている。

 中国はTHAADのレーダーが自国監視につながるとして配備に反対。これまで配備先として報じられた北西部の京畿道平沢や西部の全羅北道群山は中国に近い黄海側だったが、星山は黄海から離れた内陸で、中国に対するさらなる刺激を避ける意図もあるとみられる。(共同)

「ニュース」のランキング