産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


台北の列車内爆発 容疑者の車に遺書 

 台北市の松山駅付近で7日夜に起きた列車内の爆発事件で、台湾各紙は9日、警察当局が容疑者と特定した男が直前に乗り捨てた車の中から遺書が見つかったと報じた。

 台湾中部の南投県で発見された男の車には、爆発物を作る器材、農薬などのほかに、残金の使い道などを記した遺書があったという。

 男は北部、新北市から「失踪者」と認定されていた。1人暮らしで最近は車で寝泊まりする生活をしていたという。

 警察当局は8日、爆発により負傷して入院中の50代の男が事件に関与した疑いが強いと発表したが、重傷のため事情聴取ができていない。(共同)

「ニュース」のランキング