産経ニュース

【在韓米軍迎撃ミサイル】「純粋に防衛目的」と米報道官が再度強調 中国などの懸念は「理由がない」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【在韓米軍迎撃ミサイル】
「純粋に防衛目的」と米報道官が再度強調 中国などの懸念は「理由がない」

 米国務省のカービー報道官は8日の記者会見で、韓国配備が決まった米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」について、「純粋に防衛のためのシステムだ」と繰り返し強調し、中国などの懸念は「理由がない」と述べた。

 カービー氏によると、米国のボーカス駐中国大使は8日、中国の張業遂筆頭外務次官の抗議を受けた際に「(核・ミサイル開発を行う)北朝鮮の脅威が続いているためだ」などと説明した。カービー氏は「中国にはこれまでもシステムについて情報提供してきた」とし、今後も対話していく考えを示した。(共同)

「ニュース」のランキング