産経ニュース

在韓米軍にTHAAD配備を決定 北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対処

ニュース 国際

記事詳細

更新


在韓米軍にTHAAD配備を決定 北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対処

ハワイ・カウアイ島で行われた高高度防衛ミサイル(THAAD)の発射実験=2010年6月(AP=共同) ハワイ・カウアイ島で行われた高高度防衛ミサイル(THAAD)の発射実験=2010年6月(AP=共同)

【ソウル=藤本欣也】米韓両国は8日、北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対処するため、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備することを決定した、と発表した。

 中国は自国の「戦略的な安全利益を毀損(きそん)する」としてTHAADの韓国配備に反対しており、今回の決定に激しく反発するのは必至だ。

 来年末までに運用を開始するとしている。韓国国防省当局者は同日、「北朝鮮の核・ミサイルの脅威から韓国と国民の安全を保障するものだ」と配備の意義を説明。THAADは北朝鮮に対してのみ運用される点を強調した。

 配備場所については今月中に発表される見通しだ。京畿道の平沢や江原道の原州、忠清北道の陰城、慶尚北道の漆谷などが候補地として挙がっている。米韓は今年3月から配備について正式協議を進めてきた。

このニュースの写真

  • 在韓米軍にTHAAD配備を決定 北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対処

「ニュース」のランキング