産経ニュース

【緊迫・南シナ海】中国元外交トップ「裁定は紙くず」「フィリピンの挑発、座視しない」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【緊迫・南シナ海】
中国元外交トップ「裁定は紙くず」「フィリピンの挑発、座視しない」

 【北京=西見由章】中国の胡錦濤前政権下で外交トップを務めた戴秉国(たい・へいこく)元国務委員(副首相級)が5日、米ワシントンで講演し、南シナ海の領有権問題をめぐってオランダ・ハーグの仲裁裁判所が12日に示す裁定について「なにも重大なことではない。ただの紙くずだ」と述べた。中国外務省が講演内容を公開した。

 戴氏は「いかなる国家も中国に対し、裁定に従うよう強制してはならない」とくぎを刺し、「とりわけ(仲裁裁に提訴した)フィリピンが挑発的な行動を取れば、中国は決して座視しない」と強調した。

 さらに「たとえ10の空母戦闘群すべてを南シナ海に派遣しても、中国人を脅かすことはできない」と米国の介入を牽制した。

 中国はフィリピンの仲裁裁への提訴は「無効」として仲裁手続きへの参加を拒否し、裁定は中国に不利な内容が予想されている。

関連ニュース

【緊迫・南シナ海】米空母ロナルド・レーガンが南シナ海を航行、仲裁裁判所裁定前に中国牽制か

「ニュース」のランキング