産経ニュース

露大統領府、トルコ大統領がロシア軍機撃墜事件めぐり謝罪と発表 プーチン氏に書簡

ニュース 国際

記事詳細

更新


露大統領府、トルコ大統領がロシア軍機撃墜事件めぐり謝罪と発表 プーチン氏に書簡

 【モスクワ=黒川信雄】ロシア大統領府は27日、昨年11月にロシア軍機がトルコ領空を侵犯したとしてトルコ軍に撃墜された事件をめぐり、プーチン露大統領がトルコのエルドアン大統領から、事件に対し謝罪する内容の書簡を受け取ったと明らかにした。

 露大統領府によると、エルドアン氏は書簡でトルコ側にロシア軍機を故意に撃墜する意図はなかったと強調。死亡したパイロットの親族に「深い哀悼の意」を表明し、「申し訳なかった」と謝罪した。エルドアン氏はまた、「ロシアとの伝統的な友好関係を回復するために、可能なことはすべて行う用意がある」とも表明した。

 トルコ軍は昨年11月、隣国のシリアで空爆作戦に参加していたロシア軍の戦闘爆撃機スホイ24がトルコ領空を侵犯したとして撃墜。ロシア側は領空侵犯はなかったとして猛反発し、トルコへの経済制裁などを実施していた。トルコ側はその後、ロシア側に関係改善を呼びかけていたが、ロシアは「謝罪がない限りは受け入れられない」として拒否していた。

「ニュース」のランキング