産経ニュース

【検証・文革半世紀 第2部(5)】陰惨さ映す命がけの写真「見つかれば即刻、逮捕は分かっていた」 2万枚を床下に隠し、現代に伝える 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【検証・文革半世紀 第2部(5)】
陰惨さ映す命がけの写真「見つかれば即刻、逮捕は分かっていた」 2万枚を床下に隠し、現代に伝える 

 中国の文化大革命(文革)の「狂気」を象徴する有名な写真がある。1966年8月、黒竜江省ハルビン市の紅衛兵広場で行われた、つるし上げの場面だ。

 顔に墨を塗りたくられた男性が、腰を折り椅子の上に立っている。後ろで組まれた手には、頭にかぶせられた巨大な三角帽子を支えるヒモを持たされ、紅衛兵が罵声を浴びせている。

 男性は当時、黒竜江省の中国共産党委書記だった任仲夷(にん・ちゅうい)だ。後に●(=登におおざと)小平の右腕として、改革開放を推進する改革派の政治家だ。

 撮影したのは地元紙、黒竜江日報のカメラマン、李振盛。25歳だった当時、職場の上司から「文革の素晴らしさを宣伝する写真を撮れ」と言われたが、次々に目の前で展開される驚くべき事態に圧倒され、「歴史の真実を記録したい」と思うようになった。

 「反革命犯」の処刑。寺院や教会の焼き打ち。シャッターを押し続けた。

 作業は深夜に1人、職場の暗室に籠もって進めた。農民が笑顔で田植えする光景や、「毛沢東万歳」を叫ぶ青年などの写真を現像して職場で提出する。一方で、激しい闘争場面や苦痛な表情の民衆などを撮影したネガは切り取り、仕事場の引き出しの奥に隠した。

 「負の材料を多く集めたことが見つかれば即刻、逮捕されることは分かっていたが、歴史の記録者だという使命感があった」。70代になった李が振り返る。

続きを読む

「ニュース」のランキング