産経ニュース

「竹島問題」出題は不満…日本の模擬試験にまで噛みつく韓国メディア

ニュース 国際

記事詳細

更新


「竹島問題」出題は不満…日本の模擬試験にまで噛みつく韓国メディア

 【ソウル=名村隆寛】日本の小学生を対象にした「模擬試験」に、「竹島を不法占領している国を選びなさい」という問題が出たと韓国メディアが批判を込めて伝えている。

 韓国主要各紙が21日付で、共同通信の報道を引用するかたちで伝えたもので、“やり玉”にあげられているのは中学入試用の模擬試験問題。この問題は東アジアの地図を掲載したうえで、「次のうち、日本の領土である竹島を不法に占領している国を選びなさい」とし、選択肢としてロシア、中国、韓国、北朝鮮の国名と国旗を列挙しているという。

 読者の皆さんも、受験生の気分になって解いてみよう。答えは簡単。正解は「韓国」だ。ロシアも中国も北朝鮮も竹島を不法占拠していない。問題に「正解」がないはずはない。しかし、韓国各紙はこれが気に入らないようだ。「日本政府の一方的な主張を反映させた問題」(中央日報)などとして批判している。

 この試験問題を作った会社の担当者は、小学校高学年の社会科教科書を発行する4社全てが竹島と尖閣諸島を記述しており、教科書の記載通りの出題で、出題には「特別な理由があるわけではない」と説明。また、2013年ごろから一部の私立中入試で実際に領土問題が取り上げられるようになり、「受験生にとって当然の知識になった」と説明したという。

続きを読む

「ニュース」のランキング