産経ニュース

【検証・文革半世紀 第2部(3)】追放された産経の柴田記者「これは権力闘争だ」 中国の実態を壁新聞から看破  一党独裁のいまも同じことが起きる

ニュース 国際

記事詳細

更新

【検証・文革半世紀 第2部(3)】
追放された産経の柴田記者「これは権力闘争だ」 中国の実態を壁新聞から看破  一党独裁のいまも同じことが起きる

 防寒帽とオーバーに身を包み、凍りそうになるボールペンの先に息を吐きかける。「あれは何という字か」。地方から来た紅衛兵と肩を寄せ合い、読みにくい字を尋ね合い、メモをとった。

 北京支局長を務めた柴田穂(1930~92年)が67年秋の帰国直後、当時のサンケイ新聞で連載した「わたしは追放された」の一場面だ。柴田が書き写したのは北京市内に連日、張り出された壁新聞だった。

 「この国はどうなっていくのだろう」。当時高校生だった60代の女性も毎日、そんな思いで北京大学などに出かけて壁新聞を読んだという。「政治が激しく変化し、指導者が突然、失脚することがよくあった。壁新聞は当局の発表に先駆けて動向を伝えていた」

 地方出張も中国共産党幹部のインタビューも許可されなかった柴田は、始動したばかりの文化大革命(文革)の実像に迫るべく、壁新聞を書き写し続けた。文革支持派と実権派が激突した「武漢事件」(※1)の一報を人民日報が1面で伝えたときも、壁新聞は前もって伝えていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 追放された産経の柴田記者「これは権力闘争だ」 中国の実態を壁新聞から看破  一党独裁のいまも同じことが起きる

「ニュース」のランキング