産経ニュース

台湾海軍、主要艦艇を自主建造へ 中国配慮の欧米から調達見込めず舵切る

ニュース 国際

記事詳細

更新


台湾海軍、主要艦艇を自主建造へ 中国配慮の欧米から調達見込めず舵切る

次世代「主力艦」の完成想像図を披露する台湾海軍の幹部(右)=20日、台北市内(田中靖人撮影) 次世代「主力艦」の完成想像図を披露する台湾海軍の幹部(右)=20日、台北市内(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】台湾海軍は20日、主力艦を含む艦艇を順次、自主建造に切り替える方針を発表した。2018~30年で、4700億台湾元(約1兆5千億円)を投じる。保有艦艇の老朽化が進む中、中国に配慮する欧米から新造艦の調達が見込めず、自主建造にかじを切った。ただ、搭載する武器やレーダーなどまで自主開発品とするかは「検討中」(海軍高官)で、課題は山積している。

 海軍は20日、9月に造船業界が開く展示会の説明会で計画を公表。次世代の「主力艦」やミサイルフリゲート艦、潜水艦、ドック型輸送揚陸艦、潜水艦救難艦など計12種の大まかな性能要求を示した。これまでも自主建造の方針は掲げてきたが、具体的な艦種や予算規模を示すのは初めて。

続きを読む

「ニュース」のランキング