産経ニュース

【中国軍艦侵入】「日本は国際法をよく勉強すべきだ」外務省報道官が「国際海峡で通行権を行使」と改めて正当化

ニュース 国際

記事詳細

更新

【中国軍艦侵入】
「日本は国際法をよく勉強すべきだ」外務省報道官が「国際海峡で通行権を行使」と改めて正当化

 中国外務省の華春瑩報道官は17日の定例記者会見で、中国海軍の情報収集艦が15日に鹿児島県口永良部島沖の日本の領海を航行したことについて「(航行した)トカラ海峡は国際航行に使われる国際海峡であり、国連海洋法条約に基づく通航権を行使した」と述べ、改めて正当化した。

 トカラ海峡は屋久島、種子島と奄美諸島の間の海峡。華氏は同海峡が国際海峡である根拠は示さなかった。日本側は「国際海峡として認めていない」(中谷元・防衛相)としている。

 華氏は「国際海峡の通航権と、(沿岸国の領海にある海峡通過時の)無害通航権を同列に論じることはできない」と指摘、「(日本側は)国際法をよく勉強すべきだ」と述べた。(共同)

「ニュース」のランキング