産経ニュース

北朝鮮が韓国に大規模サイバー攻撃 軍事情報など4万超文書を不正入手 F15戦闘機の設計図も

ニュース 国際

記事詳細

更新


北朝鮮が韓国に大規模サイバー攻撃 軍事情報など4万超文書を不正入手 F15戦闘機の設計図も

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮が2月に韓国の大企業や公共機関、官公庁に大規模なサイバー攻撃を仕掛け、軍事情報を含む約4万2千余りの文書を不正に抜き取っていたことが分かった。韓国警察庁が確認したとして、聯合ニュースが13日報じた。

 攻撃を受けたのは160カ所余りで、抜き出された情報には、軍の情報網関連の資料や在韓米軍のF15戦闘機の翼の設計図、無人偵察機の部品の写真など、防衛産業に関した資料も多数含まれている。

 対象となった企業などのパソコン約14万台に対し、北朝鮮がウイルスを植え付けていたことも判明。指令によって、他のコンピューターのデータ破壊が可能な状態だった。

 抜き取られた情報には、航空機のエンジンや制御技術など、軍事機密に大きな影響を及ぼす内容はないとしている。

 韓国当局では、北朝鮮による1月の4回目の核実験以降、サイバーテロを警戒しており、その過程で発覚した。

「ニュース」のランキング