産経ニュース

ウイグル自治区に「国際部隊」派遣を カーディル議長

ニュース 国際

記事詳細

更新


ウイグル自治区に「国際部隊」派遣を カーディル議長

ラビア・カーディル議長(黒沢潤撮影) ラビア・カーディル議長(黒沢潤撮影)

 亡命ウイグル人組織を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長は3日、東京都内で産経新聞と会見し、新疆ウイグル自治区で中国当局によるウイグル族弾圧が強まっていると言明、人権状況を監視する国際部隊投入の必要性を訴えた。同議長は、習近平政権下での弾圧が「文化大革命時よりもひどい」と強調。自治区内は弾圧を行う軍人や軍用犬であふれ返っているとし、「人権擁護の国策」を堅持する米国を中心とした国際部隊を投入して「弾圧を早急に食い止めてほしい」と訴えた。また、米議会でウイグル族の人権を保護する法案の採択を目指す考えを示した。日本政府にも、ウイグルの人権問題を外交政策に取り入れ、「人権監視の専門機関設置」を呼びかけた。(黒沢潤)

「ニュース」のランキング