産経ニュース

天安門の元学生リーダー・王丹氏「人権状況大きく後退」

ニュース 国際

記事詳細

更新


天安門の元学生リーダー・王丹氏「人権状況大きく後退」

日本外国特派員協会で記者会見する王丹氏=3日、東京・有楽町 日本外国特派員協会で記者会見する王丹氏=3日、東京・有楽町

 1989年の天安門事件で武力弾圧された民主化運動の学生リーダーだった王丹氏(47)が3日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し「(現在の習近平指導部発足以降)中国の人権状況は大きく後退した」と指摘、「89年に起きたことと、今中国で起きていることはつながっている」と訴えた。

 中国政府は同事件を「政治風波(騒ぎ)」として弾圧を正当化。習指導部も人権派弁護士を次々に拘束するなど言論・思想の締め付けを強化し、民主化要求を力ずくで抑え込む姿勢を鮮明にしている。

 王氏は、こうした状況はしばらく続くとの見通しを示し、中国の民主化にとって「暗黒の時代だ」と強調。習氏は毛沢東を参考にしていて、以前の胡錦濤前指導部などより強権的で「第2の文化大革命が起こり得る」とも述べた。(共同)

「ニュース」のランキング