産経ニュース

北方領土「返さないし、お願いすることもない」 ロシア外相が発言

ニュース 国際

記事詳細

更新


北方領土「返さないし、お願いすることもない」 ロシア外相が発言

ロシアのラブロフ外相 ロシアのラブロフ外相

 【モスクワ=黒川信雄】ロシアのラブロフ外相は31日、露メディアのインタビューで北方領土問題をめぐり、「われわれは(島を)返さないし、日本に平和条約締結をお願いすることもない」と発言した。

 ラブロフ氏は1956年の日ソ共同宣言について、平和条約締結後に「ソ連側が善意の印として、色丹島と歯舞群島の引き渡しの問題を検討することも可能」だと書かれているとの認識を示し、「第二次大戦の結果を認めなければ、相互が受け入れ可能な結論を見いだすことはできない」と強調。大戦の結果、北方領土の主権がソ連に移ったとのロシアの主張を受け入れるよう日本に迫り、領土交渉の加速を目指す日本側を強く牽制(けんせい)した。

「ニュース」のランキング