産経ニュース

【「慰安婦」日韓合意】財団の準備委発足、第1回会合開催 委員長に女子大名誉教授、2012年の大統領選で朴陣営の女性本部長

ニュース 国際

記事詳細

更新

【「慰安婦」日韓合意】
財団の準備委発足、第1回会合開催 委員長に女子大名誉教授、2012年の大統領選で朴陣営の女性本部長

元慰安婦女性らを支援するため、韓国が設置する財団の設立準備委の第1回会合=31日、ソウル(共同) 元慰安婦女性らを支援するため、韓国が設置する財団の設立準備委の第1回会合=31日、ソウル(共同)

 【ソウル=名村隆寛】慰安婦問題の解決に向けた昨年12月の日韓合意に基づき、元慰安婦の女性らの支援を目的に韓国が設置する財団の設立準備委員会が31日発足した。6月末までの財団設立を目指し、ソウルで同日、第1回会合が開かれた。

 準備委の委員長には金(キム)兌(テ)玄(ヒョン)誠信女子大名誉教授(66)が内定しており、金氏は財団の理事長にも就任する見通しだ。韓国女性学会の会長などを歴任した金氏は、2012年の大統領選挙で朴(パク)槿(ク)恵(ネ)(現大統領)陣営の女性本部長を務めた。

 韓国との合意に基づき、日本政府は10億円の資金を財団に拠出する。日韓両政府は元慰安婦に対する名誉や尊厳の回復、心を癒やす事業を行う。日韓合意から5カ月を経て、合意履行への動きがようやく見え始めたかたちだ。

 慰安婦問題をめぐり日本政府は、ソウルの日本大使館前の慰安婦像撤去を求めているが、韓国政府は「合意に含まれていない」との主張を続けている。韓国では、元慰安婦の支援団体や野党が現在も合意に反発している。

「ニュース」のランキング