産経ニュース

オーストリア大統領選、異例の大接戦 根広げる極右勢力

ニュース 国際

記事詳細

更新


オーストリア大統領選、異例の大接戦 根広げる極右勢力

 【ベルリン=宮下日出男】オーストリア大統領選決選投票は23日、郵送票が開票され、勝敗結果が判明する見通しだ。極右、自由党のノルベルト・ホーファー国民議会(下院)第3議長(45)、リベラル系のアレクサンダー・ファン・デア・ベレン緑の党前党首(72)による異例の大接戦となった展開は、欧州各地で極右など大衆迎合的な勢力が根を広げている実情を改めて示した。

 内務省が公表した22日投票分の開票結果では、ホーファー氏が得票率51・9%で、ファン・デア・ベレン氏(48・1%)をリードした。だが、その差は約14万票で、有権者の14%に相当する約90万票の郵送票の開票結果次第では、逆転する可能性がある。

 ファン・デア・ベレン氏は決選投票で反極右票の結集のため、党派を超えた支持を呼びかけた。各界著名人の支援表明もあり、都市部で支持を拡大。4月の第1回投票で約14ポイントリードしたホーファー氏に肉薄し、22日夜には「これほど追い上げると考えた人はほとんどいなかった」と述べた。

「ニュース」のランキング