産経ニュース

中国、台湾当局との対話を当面停止 「一つの中国」受け入れ迫る

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国、台湾当局との対話を当面停止 「一つの中国」受け入れ迫る

20日、台北で開かれた就任式典に出席した蔡英文総統(ゲッティ=共同) 20日、台北で開かれた就任式典に出席した蔡英文総統(ゲッティ=共同)

 【北京=矢板明夫】中国で対台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の馬暁光報道官は21日、台湾で民主進歩党(民進党)の蔡英文主席が総統に就任したのを受け、「一つの中国」という原則を明確に受け入れない限り、「台湾側との対話・連絡メカニズムは継続できない」と表明した。

 2年前に始まった同弁公室と台湾の大陸委員会の定期対話を一方的に中断することを示唆したもので、当局者同士の交流は当面停止する見込みで、関係は一段と冷え込みそうだ。

 蔡氏は20日の総統就任演説で、「台湾は中国の一部だ」と中国側が解釈している「92年コンセンサス」を受け入れるか否かには触れなかった。報道官の表明は中国側が制裁措置を行う意思表示とみられ、台湾からの輸入を減らし、中国人観光客の台湾渡航を制限するなど、経済制裁にも踏み込むとみられる。

このニュースの写真

  • 中国、台湾当局との対話を当面停止 「一つの中国」受け入れ迫る
  • 中国、台湾当局との対話を当面停止 「一つの中国」受け入れ迫る

「ニュース」のランキング