産経ニュース

【検証・文革半世紀(5)】「道徳の力は無限だ」と習主席 かつての英雄賛美、官製“奉仕キャンペーン”で復活 「面倒」と市民冷ややか

ニュース 国際

記事詳細

更新

【検証・文革半世紀(5)】
「道徳の力は無限だ」と習主席 かつての英雄賛美、官製“奉仕キャンペーン”で復活 「面倒」と市民冷ややか

雷峰をたたえる1960年代の宣伝ポスター。「毛主席のよき戦士、雷峰」とある=大英博物館ウェブサイトから 雷峰をたたえる1960年代の宣伝ポスター。「毛主席のよき戦士、雷峰」とある=大英博物館ウェブサイトから

 3月2日、中国北部・河北省石家荘市を走る路線バスの中で、若い女性が年寄りの男性に席を譲った。すると、車掌がいきなり女性に近寄って大きな花束を贈った。乗客からは大きな拍手がわき起こった。

 地元紙が伝えた「雷鋒に学ぶキャンペーン」の一コマだ。バス会社が企画したもので、老人や体の不自由な人に席を譲る“心の美しい人”を見つけて称賛し、助け合いの精神を広げようという狙いだ。

 3月初めの約1週間、全国各地でこうした運動が展開される。特に熱心なのが小中学校の教育現場だ。子供たちを動員して行われるボランティア活動は、独り暮らしの老人の家を掃除したり、地下道の張り紙や落書きをきれいにしたり、駐車場で見ず知らずの人の自動車を洗車したり-とさまざまで、官製メディアは大きく取り上げ、「生ける雷鋒」などと持ち上げる。

   ■    ■

 雷鋒は22歳の時、執務中の事故で死去した中国人民解放軍の兵士だ。人助けや奉仕活動に熱心だったため、文化大革命(文革)中に道徳模範として持ち上げられた。死後に発見された雷鋒の日記には、「私心を忘れ、ひたすら革命に邁進する」「自分の原点は毛沢東思想だ」といった記述があった。

続きを読む

「ニュース」のランキング