産経ニュース

【検証・文革半世紀(3)】習近平政権下で「政治犯」600人拘束 前政権の10倍…「改革開放の時代」終焉か

ニュース 国際

記事詳細

更新

【検証・文革半世紀(3)】
習近平政権下で「政治犯」600人拘束 前政権の10倍…「改革開放の時代」終焉か

 「親愛なる和平さん、もう10カ月も会っていないね。娘は6歳になったよ」。5月初め、こんな書き出しの手紙が中国のインターネット上に出回った。

 著名な人権派弁護士、李和平に宛てて妻が書いたものだ。李が連行された後、北京での居住許可を取り消され、アパートから追い出されたとつづり、「最も悔しかったのは、娘が一番望んでいた小学校に入学できない、と当局者に告げられたとき。涙が止まらなかった」と告白している。

 2015年7月9日は「暗黒の木曜日」と呼ばれる。中国全土で弁護士や人権活動家ら約100人が一斉拘束されたこの日、李も囚(とら)われの身となった。

 「盲目の人権活動家」として名高い陳光誠(4年前に米国に亡命)の弁護を担当するなど、政府に陳情する者や人権活動家らの支援に努めた李。16年1月に「国家政権転覆罪」の疑いで正式に逮捕されたが、治安当局は家族や弁護士との接見を現在も認めていない。

 米国に本部を置く国際人権団体の統計では、12年まで10年間続いた胡錦濤政権下で投獄された政治犯や思想犯は66人。欧米や日本の常識ならおびただしい数といえる。しかし、習近平政権下では発足以降の3年余りで500~600人を拘束、胡の時代の10倍に到達しそうな勢いだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 習近平政権下で「政治犯」600人拘束 前政権の10倍…「改革開放の時代」終焉か

関連ニュース

【検証・文革半世紀(2)】サクラ総動員で習近平主席の「肉まん」逸話を喧伝…「自信のなさ」の表れか 文化・芸術の政治介入ますます

「ニュース」のランキング