産経ニュース

【緊迫・南シナ海】中国の埋め立て1年間で6倍超に急拡大 軍事力「新たな段階に入った」 米国防総省の年次報告書 強い警戒感 「米国を含む敵対者を打ち負かす能力の開発に傾注」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【緊迫・南シナ海】
中国の埋め立て1年間で6倍超に急拡大 軍事力「新たな段階に入った」 米国防総省の年次報告書 強い警戒感 「米国を含む敵対者を打ち負かす能力の開発に傾注」

 南シナ海・南沙諸島のスービ礁=2015年8月(デジタルグローブ提供・ゲッティ=共同)  南シナ海・南沙諸島のスービ礁=2015年8月(デジタルグローブ提供・ゲッティ=共同)

 【ワシントン=青木伸行】米国防総省は13日、中国の軍事動向に関する年次報告書を発表し、軍事力の整備は人民解放軍の再編と装備などの近代化により、「新たな段階に入った」とし、中国に強い警戒感を表明した。

 人民解放軍では、「軍区」が廃止され「戦区」が導入されている。報告書はこうした軍の再編と、装備の近代化により「中国本土から遠く離れた地域での紛争に、(戦力を)短期間に高度に集中する能力を高めている」と強調した。

 そのうえで、中国が南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島の7岩礁を埋め立てた面積が、2015年末までに約13平方キロにのぼると指摘した。面積は14年末と比較して6倍超に拡大。建設した人工島と施設を「恒久的な軍民共用拠点」として運用し、「長期的なプレゼンスを著しく強化、(領有権の)係争国など(の軍)を探知し、展開能力を高める」と危機感を表明した。

「ニュース」のランキング