産経ニュース

【金正恩の北朝鮮(上)】群衆前に金日成の「黄金の時代」必死に体現 習近平氏の祝電からも消えた「同志」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【金正恩の北朝鮮(上)】
群衆前に金日成の「黄金の時代」必死に体現 習近平氏の祝電からも消えた「同志」

平壌の金日成広場で行われた祝賀パレードを観覧し、手を振る金正恩党委員長と北朝鮮首脳陣ら=10日(共同) 平壌の金日成広場で行われた祝賀パレードを観覧し、手を振る金正恩党委員長と北朝鮮首脳陣ら=10日(共同)

 36年ぶりの開催となった北朝鮮の朝鮮労働党第7回大会の閉幕から一夜明けた10日午前、平壌の金日成(キム・イルソン)広場のひな壇中央に、最高指導者が手を後ろに組んで立っていた。党最高位の新設ポスト、委員長に就任したばかりの金正恩(ジョンウン)氏である。

 後ろ手に組む姿勢こそ、祖父、金日成主席の得意のポーズだった。メガネの形も祖父とそっくりである。北朝鮮で高度成長を実現し「黄金の時代」と呼ばれた1960年代、つまり金日成時代のイメージを、広場の群衆の前で必死に体現しようとしていた。

 6日から9日まで開かれた党大会も、イメージ戦略の一環にすぎなかった。

 今回、党規約に明記された「(核開発と経済建設の)並進路線」にしても、2013年から党の戦略路線として進められていたものだ。「新たな戦略やビジョンは打ち出されなかった」(韓国・統一省)という中で、新設されたものが「委員長」だった。

「ニュース」のランキング