産経ニュース

中国輸出再びマイナス、4月は1・8%減、貿易低迷長期化の様相

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国輸出再びマイナス、4月は1・8%減、貿易低迷長期化の様相

 【上海=河崎真澄】中国税関総署が8日発表した4月の貿易統計で、輸出が1727億6000万ドル(約19兆円)と前年同月比1.8%のマイナスとなった。3月は季節要因もあって9カ月ぶりに前年の水準を上回ったが、再び前年を割り込んだ。輸入は10.9%減の1272億ドルと、3月に比べ落ち込み幅が拡大した。

 経済実態を無視した政府主導の人件費高騰策が、輸出における製品価格の国際競争力の低下を招いたことが、一段と鮮明になってきた。同時に、景気減速で建設業など内需の不振が輸入を落ち込ませ、海外からモノを買う力も弱まった。輸入はこれで18カ月連続で前年を下回り、世界経済の不安定要因となっている。

 1~4月の累計も輸出は前年同期比7.6%減、輸入は12.8%減と落ち込んでいる。貿易相手先別の輸出で、欧州連合(EU)向けが4.4%減、米国は8.9%減、東南アジア諸国連合(ASEAN)は8.9%減、日本向け7.0%減と、主要輸出先が軒並み前年割れとなっている。

 中国の高度経済成長の原動力だった貿易の低迷に回復の兆しはなく、輸出入ともにマイナスの傾向は長期化の様相を見せ始めた。

「ニュース」のランキング