産経ニュース

【メガプレミアム】現代(ヒュンダイ)自動車が日本へのバス輸出100台超 韓国メディアは沸き返るが、実態はお寒い限り

ニュース 国際

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
現代(ヒュンダイ)自動車が日本へのバス輸出100台超 韓国メディアは沸き返るが、実態はお寒い限り

右ハンドル仕様にするなど、日本人のニーズに応えた現代自動車の大型バス「ユニバース」 右ハンドル仕様にするなど、日本人のニーズに応えた現代自動車の大型バス「ユニバース」

 ヒュンダイの乗用車が売れなかったのは、日本の同クラスの車より高い価格設定をしたことや、当時の人気車種がコンパクトカー、ミニバンで、セダン中心のヒュンダイとのラインアップにずれがあったからだ。つまり、市場のニーズに対応しきれなかったのだ。当時の韓国メディアは「閉鎖的な日本市場が撤退の原因」と報じるなど、韓国民の日本に対する被害者意識は今でも根強い。こうした意識を払拭しなければ、日本での地位向上は進まない。

 さらに、ヒュンダイが悲願とする高級ブランドへの脱皮も今ひとつだ。2月23日に米消費者情報誌コンシューマー・リポートが発表した自動車部門別ブランドランキングでは、日本車が7部門で最高評価を得たのに対し、ヒュンダイブランドは1部門にとどまった。これでは、ブランド嗜好の高い日本人の支持は得にくいだろう。

 追い打ちを掛けるかのように、ヒュンダイの15年1~12月期決算の営業利益は前年同期比15.8%減の6兆3579億ウォン(日本円で6239億円=発表時レート)となり、3期連続の減益だった。ヒュンダイは新興国市場での販売比率が高く、価格競争による収益性の悪化が目立ってきたのだ。

このニュースの写真

  • 現代(ヒュンダイ)自動車が日本へのバス輸出100台超 韓国メディアは沸き返るが、実態はお寒い限り

「ニュース」のランキング