産経ニュース

【フィリピン大統領選】さながら「トランプ旋風」 “暴言王”ドゥテルテ次期大統領、異名は「ダーティハリー」…「中国の人工島に国旗を立てる」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【フィリピン大統領選】
さながら「トランプ旋風」 “暴言王”ドゥテルテ次期大統領、異名は「ダーティハリー」…「中国の人工島に国旗を立てる」

フィリピン大統領選に立候補したダバオ市のロドリゴ・ドゥテルテ市長=2015年11月、マニラ(AP) フィリピン大統領選に立候補したダバオ市のロドリゴ・ドゥテルテ市長=2015年11月、マニラ(AP)

 それでも、豪州や米国からその件で女性蔑視(べっし)と抗議を受けると、大統領就任後に両国と「断交する」と反発。中国と権益を争う南シナ海では、国際仲裁裁判所で勝訴すれば、中国が造成した人工島に水上バイクで乗り込み「フィリピン国旗をたてる」とも。大衆迎合的なナショナリストとしての言動をつづける。

 舌禍事件が物議を醸しながら「劇場型」の政治発信で高い支持を集めている状況は、米大統領選候補のトランプ氏と似ている。有力世論調査機関「パルス・アジア」の支持調査では、4月16~20日の調査で35%と、前回まで1位だったグレース・ポー上院議員(47、23%)を抜き去った。

 元部下などはドゥテルテ氏を「素顔は人情家。曲解されている」と擁護する一方、27年間の結婚生活で3人の子供を育てた夫人からは、「自己陶酔的」と辛口のコメントも聞かれる。

このニュースの写真

  • さながら「トランプ旋風」 “暴言王”ドゥテルテ次期大統領、異名は「ダーティハリー」…「中国の人工島に国旗を立てる」

「ニュース」のランキング