産経ニュース

【フィリピン大統領選】さながら「トランプ旋風」 “暴言王”ドゥテルテ次期大統領、異名は「ダーティハリー」…「中国の人工島に国旗を立てる」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【フィリピン大統領選】
さながら「トランプ旋風」 “暴言王”ドゥテルテ次期大統領、異名は「ダーティハリー」…「中国の人工島に国旗を立てる」

フィリピン大統領選に立候補したダバオ市のロドリゴ・ドゥテルテ市長=2015年11月、マニラ(AP) フィリピン大統領選に立候補したダバオ市のロドリゴ・ドゥテルテ市長=2015年11月、マニラ(AP)

 (この記事は5月2日に掲載したものです)

 【シンガポール=吉村英輝】5月9日実施のフィリピン大統領選で、ダバオ市のロドリゴ・ドゥテルテ市長(71)が、支持率でトップに躍り出ている。ダバオの治安を改善した実績に期待が高まる一方、人権を無視した言動を危ぶむ声も強まっている。外交能力も未知数で、選挙戦は米国の「トランプ旋風」さながらの様相を呈している。

 犯罪多発地帯に短銃を片手にタクシーで隠密に乗り込み、強盗被害に出くわすおとり捜査を自ら行った-。ロイター通信は、暴力的手段も辞さないドゥテルテ氏の行政手法を紹介し、米刑事映画の「ダーティハリー」にも例えた。

 政治家の家系に生まれ、法律を学んだ元検事。1988年から通算20年以上ダバオ市長を務め、国内で「最悪」とされた同市の治安を改善し評価を受けた。

このニュースの写真

  • さながら「トランプ旋風」 “暴言王”ドゥテルテ次期大統領、異名は「ダーティハリー」…「中国の人工島に国旗を立てる」

「ニュース」のランキング