産経ニュース

【豪次期潜水艦落選】アボット前豪首相が“盟友”安倍首相に私信、参加に謝意 「失望」乗り越えられる

ニュース 国際

記事詳細

更新

【豪次期潜水艦落選】
アボット前豪首相が“盟友”安倍首相に私信、参加に謝意 「失望」乗り越えられる

 【シンガポール=吉村英輝】オーストラリア政府が次期潜水艦の共同開発の相手にフランスを選んだことを受け、アボット前豪首相が安倍晋三首相に私信を送り、選定手続きに参加した日本への謝意を示していたことが分かった。27日付の豪紙オーストラリアン(電子版)が伝えた。

 アボット氏は首相在任中、安倍首相と親しい関係を築き、日本を「準同盟」と位置づけた。次期潜水艦選定では日本の「そうりゅう型」を評価していたが、昨年9月の党首選でターンブル氏に敗れ、任期半ばで首相を退いた。

 アボット氏は、日独仏からの提案の評価手続きはアボット政権時代に着手したとして、フランスを選んだ現政権の判断も「支持する」としている。一方、日豪両国は強固な関係にあり、選考から漏れた日本の「失望」も乗り越えられると同紙に述べている。

「ニュース」のランキング