産経ニュース

「日本が歴史的事実を認識しなければ前進できない」 露、外相会談を前に北方領土交渉を事実上拒否

ニュース 国際

記事詳細

更新


「日本が歴史的事実を認識しなければ前進できない」 露、外相会談を前に北方領土交渉を事実上拒否

 【モスクワ=黒川信雄】ロシア外務省は14日、15日に東京で行われる日露外相会談に先立ち声明を発表し、北方領土問題に関して、「日本が第二次大戦後の歴史的事実を認識しなければ、前進することはできない」と主張した。

 ロシアはこれまでも、第二次大戦の結果、北方領土の主権が旧ソ連、ロシアに合法的に移ったと主張しており、ロシアによる北方領土の実効支配を正当だと容認しなければ、平和条約交渉はできないと日本に迫った格好だ。領土問題は解決済みとの姿勢を示したともいえ、領土交渉を事実上拒否した格好だ。

 声明はまた、平和条約締結問題に関する協議は「次官級協議で続ける」ともしており、外相会談では同問題をめぐる実質的な協議の進展は望めない可能性が高まった。

関連ニュース

戦後70年も日露間に「平和条約」ないのは「異常」 稲田朋美政調会長が露大学で北方領土問題解決訴え

「ニュース」のランキング