産経ニュース

【北朝鮮情勢】新型多連装ロケット砲試射か 国境付近に落下し中国が反発も 「米国は敵視政策撤回すべき」と核安保サミットも牽制

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
新型多連装ロケット砲試射か 国境付近に落下し中国が反発も 「米国は敵視政策撤回すべき」と核安保サミットも牽制

 【ソウル=藤本欣也】北朝鮮が29日、短距離の飛翔(ひしょう)体を発射した。韓国軍では、北朝鮮が南北軍事境界線付近への実戦配備を目指し、21日に日本海に向けて5発発射した新型多連装ロケット砲の可能性があるとみている。今回は内陸部に向け発射しており、軍関係者は「命中度を高める狙いがある」と分析する。

 聯合ニュースによると、今回落下したのは中朝国境から60~70キロしか離れていない地点とみられ、中国が反発する可能性もある。

 米ワシントンで3月31日に始まる核安全保障サミットや、同日の開催が決まった日米韓首脳会談を牽制(けんせい)する思惑も指摘されている。

 ラヂオプレス(RP)によると、北朝鮮メディアは28日、同サミットについて「無駄な謀議を繰り広げるのは犯罪行為だ」と非難。「米国は(対北)敵視政策撤回など現実的代案を見いだすべきだ」と要求した。

「ニュース」のランキング