産経ニュース

北朝鮮が飛翔体5発発射、2百キロ飛び日本海落下 新型多連装ロケット砲か  

ニュース 国際

記事詳細

更新


北朝鮮が飛翔体5発発射、2百キロ飛び日本海落下 新型多連装ロケット砲か  

金正恩第1書記が指導した弾道ミサイル弾頭部分の大気圏再突入環境模擬実験。日時は不明。朝鮮中央通信が15日報じた(朝鮮中央通信=朝鮮通信) 金正恩第1書記が指導した弾道ミサイル弾頭部分の大気圏再突入環境模擬実験。日時は不明。朝鮮中央通信が15日報じた(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 【ソウル=藤本欣也】韓国軍の合同参謀本部によると、21日午後、北朝鮮東部の咸興(ハムフン)付近から日本海に向けて、短距離の飛翔(ひしょう)体が少なくとも5発発射された。約200キロ飛行したという。午後3時19分(日本時間同)から午後4時過ぎまでの間に発射されたという。韓国軍が飛翔体の種類を分析している。今月3日に6発発射した新型多連装ロケット砲の可能性がある。

「ニュース」のランキング