産経ニュース

【移民ショック】EUトルコ首脳会談 密航移民送還で最終合意 流入歯止めに期待

ニュース 国際

記事詳細

更新

【移民ショック】
EUトルコ首脳会談 密航移民送還で最終合意 流入歯止めに期待

 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)とトルコは18日、難民・移民の流入問題をめぐりブリュッセルで首脳会談を開いた。密航した移民らのトルコへの送還など新たな措置で最終合意した。無秩序な流入に歯止めをかける「転換点」になると期待されており、EUの流入対策は重要な局面を迎えた。

 EUのトゥスク大統領らは18日、トルコのダウトオール首相と会談し、EU側の提案をめぐり最終調整を実施。これを受けた修正案について28加盟国の首脳が承認した。28カ国とトルコはこの後、首脳会談を行い、正式に合意した。

 新たな措置は、ギリシャへの密入国者をトルコに送り返す一方、EUは送還したシリア難民と同数をトルコ国内から国内の正規の手続きに従って引き取ることが柱。送還は20日以降にギリシャに到着した移民らが対象。EU側はこの措置が密航の抑止につながると見込んでいる。

 合意ではEU側がトルコから引き取る難民は当面7万2千人に限定。東欧などが受け入れを拒否しているため、昨年決めた加盟国間の難民分担枠などを活用し、各国の自発的措置とした。送還に伴う法的問題は「暫定的な特別措置」などとして対処する。

「ニュース」のランキング