産経ニュース

【台湾南部地震】頼清徳台南市長「日台でさらなる協力を」 取材詳報

ニュース 国際

記事詳細

更新

【台湾南部地震】
頼清徳台南市長「日台でさらなる協力を」 取材詳報

 台湾南部・台南市の頼清徳市長が18日、産経新聞の取材に語った概要は以下の通り。(台南 田中靖人)

 【日本への謝意】

 「台南市民を代表し、日本の安倍晋三首相率いる政府および日本各界の今回の地震への関心に感謝する」

 「安倍政権は地震発生の2日目に(調査団の)5人を台湾に派遣し、地震全体の状況を理解し、どのような要望があるのかを調べた。とても細やかだ。支援を思いつきで行うのではなく、われわれの要望が何かを理解してくれた。日本の物事の運び方の丁寧さを見て、非常に感服した」

 「(調査団の)評価の結果、救難人員は十分で、援助物資も不足がないことが分かった。だが、上水道の水道管が1000カ所以上壊れており、日本は100万ドル相当の用水設備を送ってくれた。非常に感謝している」

 「安倍首相は馬英九総統に書簡を送り、われわれへの関心を示し、死者への哀悼の意を示した。日本各界からも自発的な募金があり、受け取った額は1億円を超えている。各界から台湾の団体を通して、または直接に100通を超える手紙が届いた。これらに深く感動し、非常に感謝している」

「ニュース」のランキング