産経ニュース

拘束の米学生に懲役15年 北朝鮮、米を揺さぶりか

ニュース 国際

記事詳細

更新


拘束の米学生に懲役15年 北朝鮮、米を揺さぶりか

16日、北朝鮮・平壌の最高裁で法廷に向かうオットー・ワームビア氏(共同) 16日、北朝鮮・平壌の最高裁で法廷に向かうオットー・ワームビア氏(共同)

 北朝鮮の最高裁は16日、北朝鮮に対する「敵対行為」を行ったとして1月に同国内で拘束された米バージニア大の男子学生、オットー・ワームビア氏に対し、15年の労働教化刑(懲役刑に相当)の判決を言い渡した。

 核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、米国主導で国連安全保障理事会決議が採択されるなど圧力が強まる中、北朝鮮には米国を揺さぶる狙いもありそうだ。

 ワームビア氏が2月末に平壌で行った記者会見での説明などによると、昨年末に観光ツアーで平壌を訪問。今年1月1日、滞在先のホテルの従業員エリアから「北朝鮮の制度への愛着心を植え付けるスローガン」が書かれた展示物を持ち出そうとし、帰国間際の翌2日に空港で拘束された。訪朝前に友人の母親から展示物を持ち帰るよう持ち掛けられたとも述べた。(共同)

関連ニュース

北朝鮮による米青年スネドン氏拉致疑惑 議会の解明決議案、大統領選出馬のルビオ氏も共同提案者に

「ニュース」のランキング