産経ニュース

【米大統領選】反対派と支持者衝突、トランプ氏が集会中止 強気不変…自らの言動へのデモ否定

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選】
反対派と支持者衝突、トランプ氏が集会中止 強気不変…自らの言動へのデモ否定

11日、米シカゴの大学内でにらみ合うトランプ氏支持派とそれに反発する市民ら(AP) 11日、米シカゴの大学内でにらみ合うトランプ氏支持派とそれに反発する市民ら(AP)

 【ワシントン=加納宏幸】米大統領選の共和党候補指名争いをリードする不動産王、ドナルド・トランプ氏(69)は11日夜、中西部イリノイ州シカゴの大学で予定していた集会を安全上の理由から取りやめた。トランプ氏の移民排斥を含む人種差別的な発言に抗議するグループと支持者の間で衝突に発展し、多数の逮捕者を出したためだ。

 トランプ氏は米FOXニュースに対し、「デモは経済状況に対するものだ」と述べ、自らの言動に向けられたものではないと強調。だが、候補指名争いでトランプ氏を負うテッド・クルーズ上院議員(45)はトランプ氏が「不快な言説に仕向ける環境を作り出している」と非難した。

 会場では集会の中止後ももみ合いとなった支持者と反対派が入り乱れて騒然となり、多数の警官が鎮圧に当たった。大学のあるイリノイ州では15日に予備選が予定されている。

 トランプ氏の集会では反対派が抗議することが多く、同氏はそのたびに「あいつをつまみ出せ」と指示。先月の西部ネバダ州での集会では「彼の顔を殴りたい」と語り、別の集会で支持者が反対派の黒人の顔を殴る事件が起きた。

このニュースの写真

  • 反対派と支持者衝突、トランプ氏が集会中止 強気不変…自らの言動へのデモ否定
  • 反対派と支持者衝突、トランプ氏が集会中止 強気不変…自らの言動へのデモ否定

「ニュース」のランキング