産経ニュース

【米大統領選】トランプ氏の“日本たたき” 80年代の日米摩擦を彷彿 「旧時代をしのばせる」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選】
トランプ氏の“日本たたき” 80年代の日米摩擦を彷彿 「旧時代をしのばせる」

記者会見で、予備選の結果について話すトランプ氏=8日、フロリダ州(ロイター=共同) 記者会見で、予備選の結果について話すトランプ氏=8日、フロリダ州(ロイター=共同)

 【ワシントン=加納宏幸】米大統領選の候補指名争いで8日、自動車産業の集積地、デトロイトを抱える中西部ミシガン州を制した共和党の不動産王、トランプ氏、民主党のサンダース上院議員は、いずれも米製造業の雇用を奪うとして自由貿易を強く批判している。こうした論法には、日米貿易摩擦が激しかった1980年代を彷彿(ほうふつ)させるとの指摘も出ている。

 トランプ氏はフロリダ州での勝利宣言で「日本からは数百万台の自動車が来るのに、米国はほとんど売っていない。(建機大手)コマツのトラクターにキャタピラーが痛めつけられているのも為替操作のせいだ」と日本をやり玉に挙げた。

 米国の日本専門家、トバイアス・ハリス、ジェフリー・ホーナン両氏は米誌ナショナル・インタレスト(電子版)でトランプ氏の論法を「日本から米国への累積直接投資は英国に次ぐ2位。日本の自動車メーカーは米国各地に工場を作り数千人の米国人労働者を雇用している」と批判した。

 また、米紙ニューヨーク・タイムズはトランプ氏の日本たたきが「旧時代をしのばせる」と指摘するとともに、識者の「トランプ氏は80年代を生きている」との見方を紹介した。

「ニュース」のランキング