産経ニュース

迷走する韓国への迎撃ミサイル配備 米中が裏取引? 朴槿恵大統領が決断も、米は日和見

ニュース 国際

記事詳細

更新


迷走する韓国への迎撃ミサイル配備 米中が裏取引? 朴槿恵大統領が決断も、米は日和見

「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を検討する協議を始めると発表した米韓両国の関係者=ソウルの韓国国防省(聯合=共同) 「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備を検討する協議を始めると発表した米韓両国の関係者=ソウルの韓国国防省(聯合=共同)

 【ソウル=藤本欣也】米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備が迷走している。韓国は配備を前提に米国との交渉開始を宣言したものの、米側の事情で実務協議に入れないままだ。韓国国内では、米国が対北朝鮮制裁の妥結を優先し、配備に反対する中国と裏取引したのではないかとの疑念が浮上。自国の安全保障が大国の思惑に左右されかねないとの懸念が広がっている。

 「私たちはTHAAD配備を急いでいるわけではない」-。ケリー米国務長官が2月23日(米東部時間)に中国の王毅外相と会談した後に語ったこの発言を、韓国メディアは驚きをもって伝えた。会談では、中国側の歩み寄りによって対北制裁などで「重要な進展」があったとされている。

 韓国側が驚いた背景には、核実験や長距離弾道ミサイル発射を強行する北朝鮮の脅威を前に、朴槿恵(パク・クネ)政権が同月7日、米側の要請を受け入れてようやくTHAAD配備の協議開始を決断した経緯がある。韓国配備について「自国の監視目的だ」と反対する中国に配慮していた朴大統領も、「わが国の安保と国益を踏まえて検討する」と宣言。導入を前提に配備先が取り沙汰されていた。

 伏線はあった。23日に配備をめぐる米韓共同実務団が発足し実務協議入りする予定だったが、米側が直前になって延期を申し入れていた。王外相との会談を控え、中国を刺激するのを避けたとの観測が流れた。

「ニュース」のランキング