産経ニュース

韓国で“対馬仏像”の返還に反対 「過去に日本に略奪された」 市民団体が主張 

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国で“対馬仏像”の返還に反対 「過去に日本に略奪された」 市民団体が主張 

対馬仏像の返還に反対し、集会を開く市民団体メンバーら=24日、韓国中部大田(共同) 対馬仏像の返還に反対し、集会を開く市民団体メンバーら=24日、韓国中部大田(共同)

 長崎県対馬市の観音寺から2012年に盗まれ、韓国に持ち込まれた同県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」について、「過去に日本に略奪された」と主張する市民団体が24日、韓国中部大田で日本への返還に反対する集会を開き「世界では略奪文化財を元の場所に戻す動きが盛んだ」などと訴えた。

 団体幹部は「3月末に開催の可能性がある韓日首脳会談の前後に(返還などの)方向性が出るか注視している」と説明。観世音菩薩坐像と共に盗まれた仏像が昨年7月、非公開で日本に引き渡されたことを挙げ「次はそうならないよう対応する」と述べた。

 団体側は韓国政府が返還に動きだした場合などに備え、14世紀に観世音菩薩坐像がつくられた中部瑞山の浮石寺の所有権を確認する訴訟も準備するという。大田地検で24日、仏像が日本に渡った経緯を調べた検察の調査書類などを、情報公開請求に基づき受け取った。(共同)

関連ニュース

対馬の仏像、返還に道 決定から3年、仮処分取り消し可能に カギ握る韓国政府の「決断」

「ニュース」のランキング