産経ニュース

【普天間移設】辺野古への移設、2年遅れて2025年に ハリス米太平洋軍司令官

ニュース 国際

記事詳細

更新

【普天間移設】
辺野古への移設、2年遅れて2025年に ハリス米太平洋軍司令官

 【ワシントン=青木伸行】米太平洋軍のハリス司令官は23日、上院軍事委員会の公聴会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設が、当初より約2年遅れ、2025年になるとの見通しを示した。

 日米両政府は、普天間飛行場の返還時期を「22年度またはその後」と規定。防衛省が辺野古の海底ボーリング調査を開始したのは14年8月で、工事期間を9年と見積もっている。

 ハリス氏は「23年までに代替施設が完成するという予定だったとすれば、約2年遅れており、25年に終えると見なしている」と述べた。辺野古の代替施設への移設が前提となっている普天間飛行場の返還も、25年にずれ込む見通しだ。

 また、ハリス氏は「代替施設の建設を完了させるのは、日本の責任と義務だ」と指摘。在沖縄海兵隊8千~1万人のグアム、ハワイへの移転は20年代になるとの認識を示した。

「ニュース」のランキング