産経ニュース

【緊迫・南シナ海】中国のミサイル配備は「明らかに軍事拠点化」、米報道官が非難 「いずれ防空圏設定」識者指摘

ニュース 国際

記事詳細

更新

【緊迫・南シナ海】
中国のミサイル配備は「明らかに軍事拠点化」、米報道官が非難 「いずれ防空圏設定」識者指摘

 【ワシントン=青木伸行】米国務省のカービー報道官は18日の記者会見で、南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島での地対空ミサイル配備を、中国が正当化していることに強く反論した。

 中国国防省は「関連する島嶼(とうしょ)における防衛体制は、昔から存在する」と主張している。

 これに対し、カービー氏は「防衛なのか、誰に対する防衛なのか、その目的は何なのか」と指摘。そのうえで、ミサイル配備は「明らかに、以前には兵器が存在しなかった場所の軍事拠点化だ」と述べた。

 ケリー国務長官は軍事拠点化の中止、さらにはミサイルの撤去を中国側に求める見通しだが、中国が領有権を主張して拒否することは明らかだ。このためカービー氏は、ミサイル配備は「中国が、(パラセル諸島を)領有しているとみなしていることの表れだ」と暗に牽制(けんせい)した。

 一方、米有識者の間でも、今回のミサイル配備に対する批判と警戒感が高まっている。

「ニュース」のランキング