産経ニュース

旧札1万円で1億円超の札束没収! 台湾の国際空港で 日本国籍の男性、無申告で持ち出し図る

ニュース 国際

記事詳細

更新


旧札1万円で1億円超の札束没収! 台湾の国際空港で 日本国籍の男性、無申告で持ち出し図る

台湾の桃園国際空港で、日本人男性の荷物から見つかった旧1万円札とみられる札束=19日(台湾航空警察局提供・共同) 台湾の桃園国際空港で、日本人男性の荷物から見つかった旧1万円札とみられる札束=19日(台湾航空警察局提供・共同)

 【台北=田中靖人】台湾の航空警察局は19日、日本国籍の男性(48)が桃園国際空港から日本円の一万円札の札束で総額1億1900万円分を申告せずに台湾から持ちだそうとしたため全額を没収したと発表した。1万円札は全て聖徳太子が描かれた旧札だったという。税関当局が真がんを含め、没収した札束を詳しく調べている。

 台湾では、1万ドル(約113万円)を超える外貨の持ち出しは申告が必要。男性は同日午前、スーツケースの中に大量の日本円を隠していたのを空港内のX線検査で発見された。スーツケースは、帯封のついた100万円の札束でびっしりと詰められていた。

 男性は同日午後のフィリピン・マニラ行きの便に搭乗する予定だった。調べに対して「友人に頼まれ、マニラで価値を鑑定するためだ」と答えたという。

このニュースの写真

  • 旧札1万円で1億円超の札束没収! 台湾の国際空港で 日本国籍の男性、無申告で持ち出し図る

関連ニュース

【桜井紀雄が見る劇場型半島】「世界評価1位」のはずの韓国・仁川空港のセキュリティーは「ざる」だった…中国人らが続々と密入国

「ニュース」のランキング