産経ニュース

“歴史”拘泥の中国が日本に反論「戦後70年過ぎても歴史克服できず」

ニュース 国際

記事詳細

更新


“歴史”拘泥の中国が日本に反論「戦後70年過ぎても歴史克服できず」

 中国の全国人民代表大会(全人代)外事委員会の傅瑩主任は13日、日本政府による尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化を批判した上で、「戦後70年が過ぎても過去の歴史を克服していない」と日本を非難した。ドイツ南部で開かれている「ミュンヘン安全保障会議」のパネルディスカッションで述べた。

 黄川田仁志外務政務官が南シナ海で人工島造成を進める中国を、「一方的な現状変更は容認できない」と批判したことを受け、傅氏が反論した。(共同)

関連ニュース

中国、習近平氏を「核心」と呼び始める 権力強化、個人崇拝の前兆か 江沢民氏と同様の呼び方

「ニュース」のランキング