産経ニュース

【北ミサイル発射】中韓、外相会談で強力な北制裁模索 中国外相はTHAAD配備に強硬に反対

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル発射】
中韓、外相会談で強力な北制裁模索 中国外相はTHAAD配備に強硬に反対

韓国の尹炳世外相(聯合=共同) 韓国の尹炳世外相(聯合=共同)

 【ソウル=藤本欣也】聯合ニュースによると、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は11日(現地時間)、中国の王毅外相とドイツ南部のミュンヘンで会談し、北朝鮮に対する強力な国連安保理制裁決議の採択に向け、安保理常任理事国としての責任ある対応を求めた。王外相は慎重な対応が必要との立場を示す一方、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に強硬に反対した。

 中国外務省のホームページによると、韓国がTHAADの在韓米軍配備に向けて米国と協議を開始することを決めたことに関し、王外相は「地域の平和安定を維持するのに不利に作用する」と批判した上で、「明らかに中国の戦略的な安全利益を毀損(きそん)するものだ」と反対の意思を表明した。中国政府がこれほど強硬な反対姿勢を示したのは初めて。

関連ニュース

【北ミサイル発射】北朝鮮、開城工団から韓国人追放 資産凍結などを宣告 韓国の制裁措置に反発

「ニュース」のランキング