産経ニュース

詐欺容疑で朝鮮大学校元副学部長逮捕 日本の対韓工作拠点「責任者」

ニュース 国際

記事詳細

更新


詐欺容疑で朝鮮大学校元副学部長逮捕 日本の対韓工作拠点「責任者」

 朝鮮大学校(東京都小平市)元幹部の男が北朝鮮の対外情報機関「225局」の指示を受け、韓国での政治工作に関与していたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁公安部は同日、詐欺容疑で男を逮捕。日本の活動拠点責任者として対南工作の指示役を担っていたとみて、活動の全容解明を進める。

 男は同校経営学部元副学部長、朴在勲容疑者(49)=東京都練馬区。公安部によると、「はっきり覚えていません」と供述しているという。捜査関係者によると、朴容疑者は平成12年前後に225局にリクルートされ、同局の指示のもと、韓国での活動を主導していたという。

 韓国政界の情報収集のほか、工作員の獲得やデモ運動、反政府運動の取り組みを指示。工作員には数百万円を支援し、暗号化したメールなどを通して指示や報告のやりとりをしていた。

 公安部は朴容疑者が在日朝鮮人の立場を利用し、活動が容易な日本を中継地に工作を進めていたとみている。

関連ニュース

朝鮮大学校元幹部逮捕 「スパイ天国・日本」狙い撃ち 北朝鮮の指示役、韓国大統領選でも暗躍

「ニュース」のランキング