産経ニュース

【緊迫・南シナ海】米イージス駆逐艦「12カイリ内」3時間航行 中国は「追い払った」と主張、食い違い

ニュース 国際

記事詳細

更新

【緊迫・南シナ海】
米イージス駆逐艦「12カイリ内」3時間航行 中国は「追い払った」と主張、食い違い

米イージス駆逐艦カーティス・ウィルバー 米イージス駆逐艦カーティス・ウィルバー

 【北京=川越一】米国のイージス駆逐艦が30日、南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島にあるトリトン(中国名・中建)島から12カイリ(約22キロ)内を事前通告なしで航行した。同島を実効支配する中国を牽制(けんせい)するのが狙いとみられ、中国側は「中国の関係法規を尊重、順守せよ」と強く反発している。

 米国防総省によると、今回派遣されたのは、米海軍横須賀基地所属のイージス駆逐艦カーティス・ウィルバー。行き過ぎた海洋権益の主張に異議を唱える「航行の自由作戦」の一環として実施された。領有権を主張する中国、ベトナム、台湾のいずれにも事前通告はしなかった。

 南シナ海で同作戦の実施が確認されたのは、昨年10月、スプラトリー(中国名・南沙)諸島にある人工島付近にイージス駆逐艦ラッセンを派遣して以来。米国は艦船派遣を3カ月に2回以上の頻度で続ける方針を示していた。

 米国防総省当局者は米CNNに対し、今回の派遣について「海洋権益の過度の主張に対する挑戦だ」と説明した。

関連ニュース

【緊迫・南シナ海】中国、米艦12カイリ内航行に「無断侵入」と反発 報道官「監視、警告措置取った」 

「ニュース」のランキング