産経ニュース

【台湾・総統選】朴槿恵大統領、中国にやっぱり弱腰? 台湾初の女性リーダーに祝意示さず 対中配慮? 自叙伝に推薦文の仲なのに…

ニュース 国際

記事詳細

更新

【台湾・総統選】
朴槿恵大統領、中国にやっぱり弱腰? 台湾初の女性リーダーに祝意示さず 対中配慮? 自叙伝に推薦文の仲なのに…

朴槿恵大統領(聯合=共同、撮影日2015年12月31日)

 【ソウル=藤本欣也】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、台湾の次期総統に選ばれた民主進歩党の蔡英文主席への対応に苦慮しているようだ。18日現在、祝賀メッセージを出したとの発表はない。2人はアジアの女性指導者同士であるばかりでなく、朴氏の自叙伝が台湾で出版された際に推薦文を書いたのが蔡氏だった。祝電を送ってもおかしくない関係だが、朴氏は沈黙を保っている。

 韓国紙、朝鮮日報によると、韓国は1992年の中国との国交樹立(台湾との断交)後、台湾の総統選当選者に祝電を送った前例はないが、蔡氏の場合、朴氏との関係を考慮し、祝電を送ることも韓国政府内で一度は検討されたという。

 北朝鮮の核実験以降、中韓関係にすきま風が吹く中、韓国としては中国とこれ以上、摩擦を起こしたくないのが本音。対中配慮との見方も少なくない。

「ニュース」のランキング