産経ニュース

【新国立競技場】ザハ・ハディド氏が法的措置の方針 著作権の譲渡を拒否

ニュース 国際

記事詳細

更新

【新国立競技場】
ザハ・ハディド氏が法的措置の方針 著作権の譲渡を拒否

 2020年東京五輪・パラリンピックで使う新国立競技場の見直し前のデザインを担ったザハ・ハディド氏の建築事務所は13日、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)から、デザインの未納代金を全額支払うのと引き換えに著作権を譲るよう書面で要請されたが、拒否したと表明した。事務所は昨年末に決まった競技場の新計画がハディド氏のデザインに似ていると主張しており、今後、著作権をめぐって日本側への圧力を強めそうだ。

 13日の英紙デーリー・テレグラフ(電子版)によると、事務所は法律の専門家らと現在協議しており、満足のいく対応がなされない場合、法的措置を取る方針だという。

 事務所は声明で、支払いと引き換えに、事業についてのコメントを封じる追加の契約条項への署名もJSCから求められたが、これも拒んだという。(共同)

関連ニュース

【新国立競技場】「驚くほど酷似」と声明 旧計画担当のハディド氏

「ニュース」のランキング