産経ニュース

ソウルの日本大使館敷地から出てきたモノは? 慰安婦像に影響も

ニュース 国際

記事詳細

更新


ソウルの日本大使館敷地から出てきたモノは? 慰安婦像に影響も

ソウルの日本大使館前にある慰安婦像(鴨川一也撮影)

 【ソウル=名村隆寛】改築のため解体されたソウルの日本大使館の敷地から、李氏朝鮮時代後期の建物の遺構らしきものが発見された。聯合ニュースTVが11日に報じたもので、現場からは建物の礎石のほか、磁器や瓦の破片が見つかったという。

 韓国当局では昨年12月中旬に試掘調査を開始、日本大使館が韓国側から連絡を受けたという。報道によると、韓国文化財庁の専門家会議で7日に詳細な発掘調査を行うことが決まり、今週中に行政命令が下される見通しだ。

 新しい日本大使館は2020年ごろの完成を目指しており、現在は隣接するビルの中に大使館の機能が移されている。建設現場周辺ではこれまでにも礎石などが発見されており、遺構を強化ガラスで覆った床がある建物もある。

関連ニュース

【岸田外相訪韓】韓国外務省「少女像は民間が建てたもので政府があれこれ言えない」 「少女像」移転報道で韓国が日本大使館に抗議

「ニュース」のランキング