産経ニュース

サウジ、イランと国交断絶

ニュース 国際

記事詳細

更新


サウジ、イランと国交断絶

 【カイロ=大内清】サウジアラビアのジュベイル外相は3日夜、イランとの国交を断絶すると発表した。イランの首都テヘランで同日、サウジがイスラム教シーア派の高位聖職者ニムル師を処刑したことに抗議する群衆がサウジ大使館を襲撃したことなどに対する措置。両国が関与するシリアやイエメンなど中東各地での紛争や宗派対立がいっそう激化する恐れがある。

 ジュベイル氏は記者会見で、サウジに駐在するイラン外交団に対し、「全員が48時間以内に国外へ退去するよう求める」と述べた。また、「イランの歴史はアラブへの干渉と敵意に満ちている」とも語り、同国が中東地域を不安定化させようとしているとの見方を示した。

 イラン側の出方次第で断交回避の余地があるのかなどは不透明だが、ニムル師処刑についてイランは、最高指導者であるハメネイ師が「神はサウジを許さない。(ニムル師の死は)サウジ指導者を恐怖させるだろう」と強く非難するなど、対決姿勢を鮮明にしている。

 ニムル師は、2011年にサウジ東部で拡大したシーア派住民による反政府運動で大きな影響力を持ったとされる人物。シーア派大国イランでイスラム法学などを学んだ経験もあることから、イランの宗教界や政府とも密接な関係にあったといわれる。

 サウジは2日、テロ活動に関与したなどとして同師ら47人を処刑。これに対し、テヘランでは群衆がサウジ大使館に乱入して火を放つなどしたほか、レバノンやイラクなどシーア派が多い国々でもサウジへの抗議活動が発生していた。

 シーア派のイランとスンニ派のサウジは中東域内での影響力を争っており、シリア問題ではアサド政権の処遇やスンニ派過激組織「イスラム国(IS)」への対処などをめぐって激しく対立している。

関連ニュース

【サウジ・シーア派処刑】米政権、宗派対立を懸念 IS掃討作戦に影響も

「ニュース」のランキング