産経ニュース

ヒトラーの「わが闘争」8日に注釈付きで再出版 昨年末で著作権が失効 

ニュース 国際

記事詳細

更新


ヒトラーの「わが闘争」8日に注釈付きで再出版 昨年末で著作権が失効 

独ミュンヘンの「現代史研究所」に展示されているヒトラーの著書「わが闘争」(AP)

 【ベルリン=宮下日出男】ヒトラーの著書「わが闘争」の著作権が12月31日に失効し、1日からドイツ国内で再び出版できるようになった。近く学術的な注釈を加えた形で再出版される一方、ナチスによる虐殺の犠牲者の感情などもあり、今後も議論は続きそうだ。

 反ユダヤ思想などがつづられたわが闘争は第二次大戦後、著作権を持つバイエルン州が犠牲者への配慮や極右による利用への懸念からドイツでの再出版を認めなかった。しかし、著作権はヒトラーが死亡した1945年から70年を経た昨年の年末で切れ、1日以降は法的に解禁状態となった。

 「禁書」とはいえ、これまでも古書店で原書を入手でき、ネット上でも全文が閲覧可能だった。このためミュンヘンの研究機関「現代史研究所」は著作権失効を機に、ヒトラーの思想の誤りを明確にすることが重要と判断し、原書に詳細にわたる批判的な注釈を付けて出版することにした。

 8日に発売される「注釈本」は、原書が全2巻計約780ページだったのに対し、全2巻計約2千ページに上る。研究所の責任者、クリス・ハルトマン氏は「爆発物処理のようなものだ。ナチス時代の遺物を無害化することになる」と語る。また、連邦政府のワンカ教育相は独メディアに「政治教育にも寄与する」と述べ、学校教育でも注釈本を活用すべきだとの考えを示した。

関連ニュース

英女王、ナチス収容所を初訪問 アンネが命落とした地

「ニュース」のランキング